ネキシウムと胃の状態を示すイラスト

ネキシウムで胃を助けよう

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。当サイトへ「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」「ピロリ菌」以上のワード検索で来られた方、いいお薬を紹介します。「ネキシウム」ご存知ですか?

ネキシウムは胃酸を抑えられる

ネキシウムは胃酸を抑えることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に使われる薬です。胃酸というのは、胃の壁にある細胞から胃内に分泌される酸で、その正体は塩酸とほとんど同じです。胃の細胞は、いわば塩酸を分泌する仕組みを持っているわけです。この仕組みは、プロトンポンプと呼ばれます。プロトンというのは水素イオン、すなわち酸のことで、胃の細胞は、まるでポンプのようにせっせと酸を胃内に送り出しているのです。ネキシウムは、このプロトンポンプの働きをじゃまして、動かないようにする薬で、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるタイプの薬の一つです。つまり、ネキシウムにより、胃酸が分泌されなくなります。そうすることで、胃酸によって傷つき、潰瘍を起こした胃や十二指腸を治すというわけです。一方で副作用としては、やはり消化器系のものが多く、下痢や軟便が起こることがあります。潰瘍治療のためとはいえ、今まで分泌されていた胃酸が薬によって抑えられてしまうのですから、かえって消化が悪くなってしまうのかもしれません。また、重い副作用の一つとして肝機能障害があります。この薬は、肝臓で代謝されますので、肝臓に負担をかけるためではないかと考えられます。ちなみに、同じく潰瘍の薬としては、H2ブロッカーと呼ばれるタイプの薬もあります。この薬も同じように胃酸を抑える働きを持つのですが、その仕組みは少し異なります。H2ブロッカーは、プロトンポンプの働きを直接じゃまするタイプの薬ではなく、プロトンポンプを動かそうとしている別の仕組みの一つを止めるタイプの薬なのです。少し荒っぽい例えですが、ポンプをそのものを動かないようにしてしまうか、ポンプを動かそうとしてやってくる人を止めるかの違いということもできます。