ネキシウムと胃の状態を示すイラスト

ネキシウムで胃を助けよう

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。当サイトへ「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」「ピロリ菌」以上のワード検索で来られた方、いいお薬を紹介します。「ネキシウム」ご存知ですか?

ネキシウムを服用して効果が出るのはいつ?

ネキシウムはプロトンポンプ阻害剤に分類される胃腸薬の一種で、体内からのシグナルを受けて胃酸を分泌するプロトンポンプの働きを阻む事で胃酸過多による症状を緩和します。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など胃酸に関する様々な疾患で用いられる薬です。他にも、胃炎や胃潰瘍など多様な胃の病変を引き起こす原因菌であるヘリコバクター・ピロリの除菌にも役立ちます。
胃酸を少なくする事で、除菌に用いる抗生物質の効果が高まり、除菌成功率が上がります。
胃潰瘍や逆流性食道炎といった疾患は、ストレスや疲労などの何らかの原因で胃酸の分泌が増えた事で、強い酸性である胃酸が胃や食道にダメージを与える事で生じます。
治療には原因を取り除く事も重要ですが、胃酸分泌を抑えて胃や食道を保護し炎症や潰瘍を和らげる必要があります。プロトンポンプ阻害薬の系統に属する薬は、胃酸に関する治療薬の中でも強力に胃酸の分泌を抑える事が可能です。
ネキシウムは国内で4番目に認可を受けた、販売の開始が比較的新しい薬です。今までは治療が困難だった潰瘍にも高い効果を発揮するため、現在では胃潰瘍や逆流性食道炎の治療では第一選択の候補としてあげられます。
ネキシウムの効果が最大になるのは服用して半日程度経過した後なので、すぐに胸焼け等の症状を止める即効性はありません。
ネキシウムを服用して症状が収まらない場合でも、早く効果を得ようと決められた量以上の薬を服用してはいけません。
副作用の少ない薬ではありますが、用量用法を守らないと副作用が強まったり重い副作用が生じる原因となってしまいます。
また、胃酸の分泌を止めるものの、すでに分泌されてしまった胃酸を中和する効果は存在しません。